歯科経営者に聴く ~第一線で活躍する院長から学ぶ~

YICグループ THE IMPLANT TOKYO 岩本 宗春 総院長

THE IMPLANT TOKYO 岩本宗春総院長

YICグループは、THE IMPLANT YOKOHAMA、岩本歯科医院、イセザキモール歯科からなり、2012年2月には東京駅八重洲口にTHE IMPLANT TOKYOを開設する。
岩本宗春院長は海外の大学、学会で研鑽を積み、約5000本ものインプラント治療実績を持つ、日本有数の歯科医師である。THE IMPLANT外科手術センターでは顕微鏡、CTスキャンを完備し、全身麻酔にも対応できる手術室を有する、世界最高水準の環境で高度歯科医療を実践している。
一方で、厚生労働省指定の臨床研修施設として、若手歯科医師の教育にも力を入れ、多くの歯科医師が巣立っている。
今月は春光会の岩本宗春院長にお話を伺った。

>医療法人 春光会 横浜インプラントセンター 岩本 宗春 総院長 医学博士

YICグループ THE IMPLANT TOKYO THE IMPLANT YOKOHAMA 高度先進インプラントセンター横浜[岩本歯科医院] 高度先進インプラントセンター横浜[岩本歯科医院] 岩本 宗春 総院長医学博士

プロフィール

  • 1965年 秋田県 生まれ
  • 1992年 新潟大学 卒業
  • 1992年 医療法人慈皓会 波多野歯科 勤務
  • 1999年 横浜インプラントセンター 開設
  • 2000年 医療法人春光会 設立
  • 2001年 インプラント専門技工施設「有限会社イムズリミテッド」 設立
  • 2002年 2階部分増設(インプラント専用オペレーションシステム構築)
  • 2006年 イセザキモール歯科 開設
  • 2008年 THE IMPLANT 開設
  • 2012年 THE IMPLANT TOKYO 開設(東京本社)

【学会 他】

  • インプラント講習会(マキシス講習会)出席
  • エンド(歯内療法)「大谷エンドドンテックス」(大谷満院長)コース修了
  • ペリオ(歯周病)「サポーティブペリオドンタルセラピー」(岡本浩教授)コース修了
  • TRDAオクルージョン「下顎運動論」、「咬合論」(永田義昭氏)コース修了
  • ボストン学会「第6回 歯周補綴歯科」参加
  • ミラノ学会「EAOヨーロッパオッセオインテグレーションインプラント」出席
  • ヴェニス学会「WCCワールドオッセオインテグレーションインプラント」参加
  • ラスベガス「ノーベルバイオケア ワールドコンファレンス」出席
  • サンパウロ「World Celebration-40 years of Osseointegratuion」出席
  • ボストン学会「PERIODONTICS & RESTORATIVE DENTISTRY(歯周病及び回復歯学)出席
  • コロラド学会「American Academy of Esthetic Dentistry(米国審美学会)」出席
  • スペイン学会「EAOヨーロッパオッセオインテグレーションインプラント」出席
  • ラスベガス学会「American Academy of Esthetic Dentistry(米国審美学会)」出席
  • ハワイORE「Ocean Pacific Restorative of Esthetic Dentistry(太平洋審美歯科学会)」出席
  • スウェーデン マルメ市民病院 イエテボリ大学口腔外科留学
  • スウェーデンUmeo大学「顎顔面再構築・骨整形・オッセオインテグレーションインプラント」コース修了
  • カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)歯学部インプラント科修了
  • ニューヨーク大学歯学部インプラント科研修参加
  • ブローネマルクインプラント認定医
  • ノーベルバイオケア社 プレミアムメンバー認定
  • ブローネマルクインプラント認定医
  • ノーベルバイオケア社 プレミアムメンバー認定
  • ペンシルヴァニア大学「AMSTERDAM PENN PERIO STUDY CLUB」メンバー
  • 医学博士号 取得
  • 厚生労働省認定 歯科医師臨床研修指導医
  • 【著書】

  • 『世界一うけたい歯医者の本』(幻冬舎ルネッサンス)
▼クリックして展開▲クリックで閉じる

【開業に至るまで】

■歯科医師を目指されたきっかけをお聞かせください。

小さい頃から手先が器用で、小学1年生のときから毎日、プラモデルを作っていたのです。それで、私のそんな姿を見た両親から「歯科医師になれ」と勧められていました。当時は歯科医院全盛の時代でしたし、私も両親の言うことを素直に聞く子どもでしたので、歯科医師になることにしました。

■大学時代のエピソードをお聞かせください。

水泳、剣道、トライアスロンなどに打ち込んでいました。剣道は小学3年生のときに始め、土崎中学校のときには団体戦で全国3位という成績を修めました。秋田高校では受験のために一時、中断したのですが、大学で再開し、主将を務めました。現在、日本剣道連盟剣道三段です。水泳は大学で始め、日本水泳連盟第二種指導員の資格を持っています。トライアスロンは部を立ち上げたのですが、部員は2人でしたね(笑)。そのほか、テニスやスキーにも熱中していました。運動神経はいい方だと思っています。

■スポーツ経験は歯科医師になって、どのように役に立っていますか。

医療法人 春光会 横浜インプラントセンター歯科医師の仕事は運動神経の発達と大きな関係があります。新人歯科医師は先輩歯科医師の治療を見よう見真似で覚えていきますが、運動神経が発達していると真似もうまく、早く上達するのですね。そのため、歯科医師採用の面接では運動神経の良し悪しを尋ねています。また、外科系は体力勝負ですので、運動を経験してきたことで体力を備えているというのは評価されるでしょう。
さらに、体育会系の部活動で主将を経験した人は組織の中でのマネージメント能力に優れています。歯科医院に限らず、一般企業の採用であっても体育会出身者が優遇されている理由と同じです。伸びしろがあり、明るく、対応力が高い人が多いのが体育会出身者の特徴ですね。

【東京開院】

■このたび、“THE IMPLANT TOKYO”〔ザ・インプラント トーキョー〕の開院にいたった背景をお聞かせください。

医療法人 春光会 横浜インプラントセンター 私ども横浜インプラントセンターグループ・THE IMPLANTは、全国の歯にお悩みを抱える患者様のために、東京の玄関口・東京駅前に2012年2月20日に、“THE IMPLANT TOKYO”〔ザ・インプラント トーキョー〕を開院します。
THE IMPLANTは世界で最も優れた歯科医療グループを目指しています。 全国、世界からの患者様の期待に応えるために東京をグループの拠点にし、そして世界への足がかりにしたいと考えています。

【治療コンセプト】

■THE IMPLANTの治療コンセプトについてお聞かせください。

医療法人 春光会 横浜インプラントセンターどんな難症例でも99.9%完治させる、業界初の高度先進・歯科医療技術。まず、むやみに抜かず全力で患者様の歯を残すこと。そして、最高レベルのインプラントを提供することを約束します。


まず、全力で歯を残すこと、そして、最善のインプラントを提供することです。
昨今、インプラントを提供する歯科医院が増えてきている一方で、治療におけるトラブルも急増しています。
他院で失敗し、当院にかけこまれてくる患者様の多くが口にされるトラブル事例として、「元気な歯まで抜かれた」、「必要以上にインプラントをいれられた」、「何度も手術された」、「通院期間が長かった」、「治療費が高すぎる」、「難症例なのでうちでは手術ができない」などが挙げられます。これは医師として大変残念なことです。
当院では、開院以来、このようなトラブルが決して起こらぬよう、患者様の不利益に繋がる行為、治療を一切行っておりません。
第一に、患者様の歯を抜かずに残せるかどうかの診断からはじめ、最新の根管治療「マイクロエンド」を駆使し、専門医が全力でその歯を抜かずに残すために努力しています。そして万一、抜歯を避けられない診断に至った場合には、その患者様の肉体面、精神面、コスト面を熟慮し、最善のインプラントを提供しています。これが当院の治療コンセプトです。
このように、当院では患者様の意思を第一に尊重し、最高レベルの治療技術をもって、患者様に必要とされる最適最善の選択を徹底し、患者様の負担を最小限に抑えるという、インプラントの新しい仕組みを推進しています。

■治療方針についてお聞かせください。

THE IMPLANT の治療方針は、患者様の負担を軽減する、最良のインプラント治療ポリシーと言えます。

  • 患者様の健全な歯(また修復可能な歯)は絶対に残します。見事にインプラントを埋め込まなくて済んだケースも多数あります。
  • インプラント埋め込み本数は必要最低限に抑えます。実績稼ぎのためにインプラントを強いることは決してありません。
  • 世界最高レベルの治療技術を駆使し、確実にインプラントを成功させます。安心安全な治療を行うことで、患者様の体力的・精神的負担を減らします。
  • 患者様のご予算に合わせた最善の治療を選択し、経済的負担を減らします。ご予算を超えた法外な治療費を強要することは決してありません。
  • 高い診断力と適正な治療計画で、通院日数を最小限に抑えます。できるだけ早く完治させるための綿密なプランニングを事前に行います。

医療法人 春光会 横浜インプラントセンター上記のような治療方針により、術後の生活の質の向上(QOL)に繋がり、患者様は人生をこれまで以上に謳歌できるのです。
私はこれまでインプラントのスペシャリストとして、たくさんの患者様と向き合ってきました。「患者様にとっての最高の治療とは何か」ということを常に考えさせられてきました。
高度なインプラント治療は患者様に大変素晴らしい人生を与えることができます。自分の歯で食事ができること、美しい歯並びを実現することは患者様の人生を豊かなものへと変えていきます。
しかし、最高峰のインプラント治療を実践するには患者様の口腔内全体を正確に診る必要があるのです。具体的に言うと、残すことができる歯を極力残す技術が必要なのです。これはそう簡単にできることではありません。できるだけ歯を残すためにはマイクロスコープを駆使した根幹治療という特別な治療技術が必要となるのです。
現在、私どもの歯科医院には、お蔭様で全国から患者様がお越しになるようになりました。これも私どもが実践している「患者様に負担なく、最高のインプラント治療を行うこと」に魅力を感じていただいていることと自負しています。自分の歯をできるだけ残すということはインプラントの本数を少なくできるということです。そうすれば、体への負担も最小限にとどめることができ、金額の負担も減らすことができるのです。今後も引き続き、世界最高峰のインプラント治療を目指して邁進していきたいと思います。

■最近のインプラント情勢について、お聞かせください。

最近のインプラント情勢について、YICグループの見解として、まず、次のような歯科医院では、決してインプラント治療を受けないでくださいという9カ条を挙げています。

1.インプラント以外の治療、サポートを行わない。
その歯科医院は、高額なインプラント治療費のみが目当てで、患者様が抱えているお悩みを根本から解決しようとはしない。あるいはそのお悩みを総合的に解決する知識・技術を有していない可能性があります。

2.初回カウンセリング後、すぐにインプラントを勧める。
患者様の歯を出来る限り残すこと、そして患者様の安全・安心を最大限に確保することこそが、歯科医師の使命です。したがって、初回の簡易的なカウンセリングだけで安易にインプラント治療を提案すべきではありません。

3.治療費の見積が、数分で出る。
見積がすぐに出る理由は、その歯科医師が単にインプラントを埋め込むことしか考えていないから。完璧なインプラント治療を行うには、広範囲かつ緻密な診断を行う必要があるため、費用見積は決して容易ではありません。

4.まだ歯が残っているにもかかわらず、安易に抜歯しようとする。
当院では、熟練した専門歯科医によるマイクロスコープ(顕微鏡)を駆使した最先端根管治療を行うことで、患者様の歯を残すことが可能になります。その技術を有していない歯科医院では、安易に抜歯するほかありません。

5.実際の治療(手術)は、他院からドクターを呼んで行う。
自院内では診断しか行えず、実際の手術は他院からドクターを呼ぶ歯科医院が増えています。外科治療の知識と経験を日々積み重ねていないドクターが、手術まで見越した正確な診断を行えるはずがありません。

6.最先端のCTや専用手術室などの設備がない。
インプラント治療は外科手術であるため、何よりも患者様の安全を最大限に確保することが大前提になります。そのためには常に最新かつ世界レベルの最先端機器、設備を導入しなくてはなりません。

7.術後のフォローアップをまったく行わない。
インプラントを入れた後は、こまめなフォローを行わなければ長く持たせること(耐久)ができません。「フォロー体制万全」と語っていても、実際にはほとんどフォローしない歯科医院が数多くあります。

8.患者様お一人おひとりに合せたインプラントメンテナンス体制をとっていない。
同じインプラントでも患者様によりメンテナンス方法が異なります。したがって、インプラント専門医、予防歯科専門衛生士チームによる担当制のメンテナンスプログラムを有していることが大切です。

9.粗悪品のインプラント、補綴(被せもの)を使用する。
技術力が伴わないにも関わらず、格安を謳い、多くの患者様を集めて、実績の浅いメーカーのインプラントや補綴を提供する歯科医院が増えており、トラブルが多発しています。

【当院の診療の特徴】

■他院とは違うメリット

1.世界トップレベルの「高度先進インプラント」
医療法人 春光会 横浜インプラントセンター当院の[エキストリーム・インプラント」に不可能な治療はありません。世界トップレベルのインプラント治療を約束します。
たとえ難症例でも99.9%治しきる、岩本式メソッド[エキストリーム・インプラント]、当院独自に生み出した高度先進インプラントシステムである[エキストリーム・インプラント(究極のインプラント)]では、日本国内では治療不可能とされている難症例を数多く成功させています。他院において「インプラントはできない」と診断された方でも大丈夫です。全ての患者様にインプラント治療を成功させる確信を持っています。

2.最良の治療を提案できる「高い診断力」
ほかの多くの歯科医院のように、単なるインプラント埋入は行いません。当院では、口腔内、および全身の症状を徹底的に診断したうえで、最善の治療を選択します。
なぜ歯が抜け落ちてしまったのか、その歯を残すための最善策は何なのか、医学的見地から総合的に診断して、最善の治療を見出し、その症状を完治させます。
単に患部だけを見て、歯が抜けた場所に(あるいは抜歯して)インプラントを埋め込む、という極めて悪質な治療を多くの歯科医院が日々行っています。それは歯科医師にとって非常にラクであり、また大量にインプラントを埋め込むことで、本数実績が稼げますし、何よりもその歯科医院の利益に直結します。しかしながら、そのような手抜きインプラント手術が横行することに比例して、手術後のトラブルも増え続けています。当院へ来院される患者様のおよそ15%が他院で失敗した方であることからも、昨今のインプラント治療が荒廃していることが伺えます。(※前項のグラフを参照)
一方、当院においては、インプラント治療を行う前に、まず患者様の口腔内全体を徹底的にチェックしています。「なぜ歯が抜け落ちてしまったのか」、その原因を究明し、必要に応じて歯周病治療や根管治療を先に行うケースも多々あります。疾患の原因を把握、問題解決できなければ、例えインプラントを入れたところで、また抜け落ちてしまうか、また別のトラブルが発生してしまいます。さらに、症状によっては口腔内だけではなく、医学博士が全身の状態を医学的に診断し、その患者様にとって最善の治療法を選択します。このように全ての患者様に綿密な事前診断を行ったうえで、安心・安全にインプラント治療へと進んでいただきます。
インプラントをはじめとした歯科医療技術は日々進歩しており、インプラント治療の成功率や、そのほかの疾患の完治率をさらに高め、患者様の安心・安全、そしてQOL(Quality of Life:人生の幸福・心身の健全)をより充実させるために、当院では常に世界最先端の技術や有益な情報を集積し、医療の現場で実践することをポリシーとして徹底しています。これは、数人規模の個人開業歯科医院ではなかなか実現できませんが、当院には各専門分野の担当歯科医師が数多く常駐し、院内外において情報交換、学会、勉強会などに常時参加できる体制を整えているため、他の歯科医院を質・量ともに大きく上回るデータベースを有しています。
また、当院は世界のインプラント治療界を牽引する6人の名医がコラボレートしています。新しい治療技術、治療法の困難な患者様の意見交換など、世界基準の治療をご提供するため、定期的なディスカッション、研究発表など、日夜、インプラント治療に関する知識の研鑽に励んでいます。

3.症例・治療分野に合わせた「専門医制」
最善の診療と治療を提供するために、当院では患者様お一人お一人に対し、各専門分野に精通した複数の専門の歯科医師が多角的に診断・治療を行います。
当院ではインプラント治療を行うにあたり、単に患部だけを見て強引にインプラントを埋め込むのではなく、口腔内全体、あるいは全身の状態を綿密に診断、チェックし、その患者様にとって最善の治療法を選択することを徹底しています(前述「(2)高い診断力」項目を参照)。そのため当院では、インプラントはもちろん、歯周病治療や根管治療、審美歯科、矯正歯科をはじめ、美容外科、エステティックにいたるまで、各分野に精通した専門ドクターが、一人の患者様に対して多方面から診断と治療を行います。
多くの一般的な歯科医院においては、歯科医師一人の独断で診断・治療が行われるため、その歯科医師が得意とする分野以外は診断を誤る可能性があります。また、診断・治療が主観的になるため、その歯科医師の技術レベルに治療結果が大きく左右されてしまいます。

医療法人 春光会 横浜インプラントセンター当院が分野別の専門ドクター制を徹底する理由には、
(1)各症例に対し専門的な診断を行うことができる
(2)複数の歯科医師が下す診断を集積することで診断に客観性が生まれ、最善の治療法を見出しやすくなる
(3)複数の歯科医師が協力し合うため、常に一定の高いレベルで治療を行うことができる などが挙げられます

4.生涯にわたり「丁寧・親身なサポート体制」
患者様とは「一生のおつきあい」を心がけています。分かりやすく親身なカウンセリングと万全のフォローアップ体制が好評です。当院だからできる安心の「最長20年間長期保証」と、インプラント専門歯科衛生士による万全の担当制アフターフォロー&定期検診が特徴です。
全ての治療が完了した時点で、その後の日常生活の送り方などをご説明し、定期検診をお受けいただきます。当院では、インプラント専門の予防歯科衛生士が、患者様一人ひとりに対し担当制でフォローアップを行います。治療後のトラブルは一人ひとり異なりますので、担当衛生士が患者様専用のオリジナルプログラムを作成し、その都度リカバリーの方法を考えながら、長期的に耐久性が保てるよう、また健全な状態を維持できるよう徹底サポートいたします。また当院では、患者様のご希望に応じて、他院では実現しない最長20年間の長期保証も提供可能です。当院では、全ての患者様に安心して、今以上に楽しく快適な毎日を送っていただけるよう、万全のフォローを実施いたします。

医療法人 春光会 横浜インプラントセンター5.世界最高水準の「治療設備と空間設計」
患者様の安全を徹底的に守ります。当院だから実現できた世界基準の最先端設備です。
手術の安全性、正確性を高め、患者様の負担を最小限に抑えるために、あらゆる設備を世界トップメーカーから選び揃えています。

【THE IMPLANT ACADEMY】

■THE IMPLANT ACADMY が年間コースをスタート。

医療法人 春光会 横浜インプラントセンターインプラント治療を一から学びたい人向けに、個々の能力によりカスタマイズされたインプラント治療の習得コースを用意しています。臨床を診ながら実践していただきます。初心者からエキスパートまで幅広い先生を対象としています。

当院は厚生労働省より「臨床研修施設(研修施設番号051073号)」の認定を受けており、現在、複数の大学、短大、専門学校等の教育機関と提携しています。
臨床研修施設とは、各教育機関を修了した新卒歯科医師や衛生士などが実践的な知識や技術を熟練医師から学ぶための場であり、臨床指導できる技術レベルの高い医師が常駐していること、研修施設としてふさわしい先進医療施設が整っていることなど、厚生労働省が定めた高い基準を満たしていなければ認定されません。
◎ 特別提携研修施設 公立大学法人横浜市立大学付属市民総合医療センター
◎ 臨床研修施設/提携教育機関
九州歯科大学付属病院 日本歯科大学付属病院昭和大学歯科病院新潟大学医歯学総合病院明海大学歯学部付属明海大学病院北海道大学病院愛知学院大学歯学部付属病院 日本歯科大学新潟病院大阪歯科大学付属病院 徳島大学病院

ニューヨーク大学、ペンシルバニア大学などへの留学支援をしています。

【今後の展開】

■現在、歯科医療に関わる幅広いビジネス展開を考えています。

医療法人 春光会 横浜インプラントセンターTHE IMPLANTは、世界で最も優れた歯科医療グループを目指しています。
日本全国、そして世界からの患者様の期待にこたえるために東京をグループの拠点にし、そして世界への足がかりにしたいと考えています。2014年には上海進出予定です。
これからはアジアの時代です。日本だけを見ているだけでは立ち遅れるという世界の見解に基づき、今後も邁進していきたいと思います。